精力剤の基礎知識

顔面の腫瘍があるものに間違えられてパニックに

ジンバブエに住む男性の顔の右頬ぶから胸にかけて、女性の性器のようなものが成長して呪術師の仕業ではないかと街中で大騒ぎになっているという。

 

その男がバスに乗って町に向かう途中の車内で、男性の顔にできた女性器のようなものを発見して、車内はパニック状態に陥った。

 

男性はこの状況を重く見て、すぐさま病院に入院をした。

 

この男性の診察にあたったリンヂウェ・ムリロ医師によれば「男性の顔面で成長をしているものは癌性腫瘍であると思われるが、まだハッキリとした事を言えない原因不明である」と述べています。

 

この男性を車内で見た人間は地元のインタビューにこう答えています。

 

「顔から、胸、腹部にかけてとても大きな腫瘍がありました。確かに女性器にそっくりでした。誰も怖がって彼の隣には座りませんでした」

 

また、バスの運転手が男性にいつ頃から出来たのか?と訪ねたところ、幼いころからそれが出来始めていたが、手術費がない為に放置していたという。

 

また、男性の噂を聞いた町の住人の間では男性は「ウルンヨカ」と呼ばれるジュジュ(アフリカの呪術の一種)の犠牲者ではないかと囁かれているそうだ。

 

ウルンヨカとは、既婚の男性が妻に対してかける「障壁」のような呪いであり、万が一、男性がその呪術をかけられた人妻とセックスをした場合は、男性は特定の病気にかかると言われているものです。

 

バスに乗り合わせた乗客のひとりも、「これは間違いなくウルンヨカの仕業だ!」と語っていると言う。

 

ジンバブエ伝統治療協会のアブソン・モヨ氏によると、このウルンヨカがもたらす結果については様々有り、男性の顔に女性器が成長するというような事が現れてもおかしくないと話しています。

 

ブラワヨの医師ジミー・ガジ氏によれば、男性の顔に女性器が出来るとは考えにくく、腫瘍がそのようなものに見えたとの間違いではないかと推測されています。

 

以前にも今回と同じようなケースがあり、その患者は腫瘍の上に襞(ヒダ)があり、それは癌腫瘍であることが分かりました。

 

いずれにしても本物の女性器ではないにせよ、ジンバブエでは呪術を信じている人達が大勢おり、生活で困ったことや悩み事は呪術師に聞くという生活スタイルが習慣として残っている国であることは間違いありません。

300種類の中から選んだ精力剤

HERO
えっ!?こんなデカイの初めて・・・短小&カリ無し解消!であなたも英雄(ヒーロー)に!!
BIG FACTORY
まさに本物といっても過言ではない陰茎増大方法!チントレでもなくサプリでもなく「水」!事前に溶かした状態で摂取できるからナノレベルで浸透!元某有名AVメーカー独自制作していた商品が遂に限定一般販売開始!