精力剤の基礎知識

中高年の夢精について

中高年の夢精について・・・

 

睡眠中の男性が性的な内容の夢などを見て興奮したため、
勃起をして興奮が頂点に達しオルガリズムを伴い射精することを「夢精」といいますが、
性的な夢やオルガリズムを伴わない場合もあります。

 

精液の生産の盛んな思春期などの若い人によく見られる現象と俗に言われています。
しかし、中高年などでも起きることはあり、基本的に病気ではありません。

 

睡眠中は尿が膀胱に貯まりますので、そのために精嚢腺が膀胱により圧迫されやすく、
基本的に夢精が起こりやすい状態になり易くなっているといえます。
布団や衣類によりペニスに刺激を受けている場合もありますし、
無意識的に手で刺激を与えている場合も有り得ます。

 

中高年で精力が衰えたりして、射精をする回数が減ってきて、
精液の排出を行っていないと精液が貯まりますので、
より、夢精が起こる確率は高くなっていると言えなくもありません。

 

就寝前にトイレに行き膀胱を空にしてから就寝する習慣をつける。
定期的にマスターベーションをして射精をしておく
布団や衣類を軽めに、ゆとりのあるものにする。
例えば、パンツをブリーフ型よりトランクス型にして、
ペニスへの刺激を減らす工夫をすることも、
夢精の予防に繋がると考えられます。

 

ほとんどの場合は病気ではないものですが、
勃起や性的な快感を伴わないのに射精する、
遺精(いせい)と呼ばれる現象、
などでは、精神的なものの場合があります。
体を動かしたりしてストレスを発散させたりすると、
予防につながる場合もあります。
異常を感じるような場合はお医者さんに相談しましょう。

300種類の中から選んだ精力剤

HERO
えっ!?こんなデカイの初めて・・・短小&カリ無し解消!であなたも英雄(ヒーロー)に!!
BIG FACTORY
まさに本物といっても過言ではない陰茎増大方法!チントレでもなくサプリでもなく「水」!事前に溶かした状態で摂取できるからナノレベルで浸透!元某有名AVメーカー独自制作していた商品が遂に限定一般販売開始!