精力剤の基礎知識

300種類の中から選んだ精力剤

HERO
えっ!?こんなデカイの初めて・・・短小&カリ無し解消!であなたも英雄(ヒーロー)に!!
BIG FACTORY
まさに本物といっても過言ではない陰茎増大方法!チントレでもなくサプリでもなく「水」!事前に溶かした状態で摂取できるからナノレベルで浸透!元某有名AVメーカー独自制作していた商品が遂に限定一般販売開始!

性知識の知恵袋記事一覧

早漏治療のセマンズ法とは、訓練的ですがその本質は「心理療法」に該当します。パートナーと一緒に行うことで、早漏を改善できる治療法です。セマンズ法は4段階あり射精公助から性行為へと段階的に繋げていき早漏を改善に導きます。早漏治療のセマンズ法のやり方第1段階:パートナーの手によるペニスへの刺激での訓練女性の膣内には挿入せずに、パートナーの手によってペニスをしごいてもらいます。男性の射精感が高まってきたら...

edとインポテンスはどちらも陰茎の勃起不全状態の事を指しています。正確にはこの症状を大きく分けると2つに分けられます。1つは完全なる勃起不全状態で「完全に勃起せずに性行為がまったくできない状態」です。これは性行為に必要な勃起力はもちろん、射精もできない状態です。2つ目は「時々性行為ができる勃起状態」です。性行為に必要な勃起状態を保ち挿入はできるが射精まで至らない状態です。こちらも射精まで至らない状...

日本人は欧米人に比べると早漏の割合が多いと言われています。日本人、およびアジア人はペニスが皮で包まれている包茎の割合が多く、この包茎が原因で早漏が多いと言われているのです。包茎は亀頭部分が皮で覆われているので、外からの刺激にたいへん弱く、仮性包茎の方がセックスの時だけムケた状態で挿入すると、普段は亀頭が皮により守れていますが、露出してしまう為、刺激に耐えられずに早漏となってしまうのです。包茎の場合...

一言に勃起不全と言ってもその原因は2つあります。1つは陰茎の障害が元になっている先天性の勃起不全。もう1つは加齢により海綿体への血流の長れが悪くなることによる勃起不全です。どちらも同じ症状ですが、先天性の場合は、こちらは陰茎手術をするのが1番の解決方法と言われています。ここでは、加齢による勃起不全の原因と対策について考えていきたいと思います。そもそも勃起状態にならないという原因の大きなひとつに海綿...

edとは勃起不全により性行為ができるほどの陰茎の硬さをもたない、または性行為ができず射精ができない状態のことを言います。edとは加齢により自然になる場合と、年齢も若いのに突如edになる場合があります。年齢が若い場合に多いedは、本来は一時的なものです。例えば仕事が激務で疲れやストレスを抱えている場合やタバコやお酒の飲み過ぎです。一時的な勃起不全でしたら必ず原因がありますので、それを思いだしてみまし...

挿入後にすぐにイッテしまう早漏。実は男にとっては恥ずかしいと思いがちですが、女性にとってはそんなに気にする事でもないのです。早漏となかなかイカない遅漏を比べた場合、男性がなかなかイッテくれないのは女性にとってはたいへん辛い事なのです。ペニスと膣が擦れて痛みを感じたり、時には出血をすることさえあるのです。もし、男性が早めにイッテしまったと感じたら、できるなら2回戦で埋め合わせをするのが良いでしょう。...

床オナとは床オナニーの略語で、手でオナニーをするのではなく、ベッドや畳でうつ伏せになって勃起させたペニスに自分の退体重をかけて床の上でゴロゴロして快感を楽しむオナニーです。手でオナニーをするよりも強い刺激が得られる為にこのようなオナニーを好む人がいます。また、亀頭を衣類などにこすりつけて行うオナニーも強い刺激を求めての事です。強い刺激ばかりをペニスに与えていると、セックスの快感では物足りずに、遅漏...

男は勃起にこだわる、硬さにこだわる、長さにこだわる、持続力にこだわる、回数にこだわる。これは男性として女性を性行為で制服するためのこだわりなのかもしれません。しかし、女性からは男の勃起力はどう思われているのでしょうか?女性は硬い勃起力を求めているのは事実です。しかしそれはセックスが気持ちが良いという点だけでは決してないのです。女性は心でセックスをすると言われている通り、自分はセックスでイカなくても...

前立腺がんは50歳を超えると増え続け、胃がん、肺がん、結腸がんについで4番目に多いガンです。前立腺がんになる原因は加齢による男性ホルモンの存在や遺伝子の異常によるものと考えられていますが、ハッキリとした原因は解明できていません。欧米諸国では、脂肪分の多い肉や牛乳などを多く摂取することによって発生率が上がると言われていますが、豆や穀類ははガンの発生を抑制する働きがあると言われています。遺伝的な要素が...

俗にいうED剤(バイアグラ、レビトラ、シアリス)を処方してもらう為には病院やクリニックによる問診が行われます。これはEDを判断するいくつかの質問から形成されており、国策基準となっている為に「国際勃起機能スコア5」と言われています。この問診に答えることで勃起障害の度合いを調べることができるのです。この質問は直近半年間の状況を思い出しながら質問に答えてみてください。合計点数が21点以下の場合はEDと判...

勃起薬、強壮剤、強壮剤の違いは何ですか?実は精力剤には「勃起薬」「強壮剤」「強精剤」と種類があるのですが、これらを総称で一般的には精力剤と呼んでいます。これらはそれぞれ役割が違い、意味合いが違います。自分の体にはどれが効き目があるのか?自分に合ったものを選ぶ参考にしていただければと思います。なお、勃起薬はED治療薬と言われる医薬品のことを説明しています。勃起薬(ED治療薬)勃起薬(ED治療薬)の代...

最近、年齢を重ねても定期的にセックスをしている人は明るく、若々しく人生を過ごしていることが分かりました。年だからとセックスをあきらめるのではなく、年相応のセックスをすることで生活に潤いをもたせ、さらに長生きまでできてしまうセックスの効果をお伝えしたいと思います。まず、セックスをすると脳内のドーパミンという物質が放出されます。これは楽しい時や幸福感を感じた時にでる物質でモルヒネの数倍もの効果があると...

唾液と聞くと「汚いもの」と思ってしまいますが、実は唾液はセックスでも重要な役割を果しているのです。まずは、唾液とはどんものなのか説明します。唾液の中には細菌の感染を防ぐための成分が入っています。これがお口の中の清潔にしてくれています。加齢とともに唾液の分泌量は減っていきますので、口が渇くなどの通称ドライマウス状態になります。セックスにおいてはこの唾液の分泌は非常に大切です。唾液はキスの時に交換をす...

確かに射精した感覚はあったのに、思ったよりも射精量が少ない、ほとんど精子が出なかった・・・こんな経験をされた事はありませんか?それは逆行性射精と言われる症状で、通称「空射ち」とも言われるものです。体外に射精が行えず、わずかに開いている膀胱頸部に精子逆流を起こしてしまう症状です。射精時の快感は感じられますが、射精時に体外に放出したつもりでも、確認してみると精子がほとんど放出されていないという状態にな...

東京都は毎年、都内で確認されたHIV感染者とエイズ患者の数を発表していますが、2014年度は2013年と比べても43人増えて512人になった事が明らかになりました。このようなエイズ患者数調査は1989年より開始しており、過去と比べても3番目に多いと発表されました。この中で年代別にみると、20歳代が全体の35.7%、つづいて30歳代が32.5%、40歳代が23.6%、50歳代4.8%、60歳代が2....

最近のある研究機関が調べた結果では、クリニックに訪れる男性の精子量が減少をしていると言うのです。射精時の精子量はWHOの基準では2ml/回が平均と言われています。射精を1日に数回しても、一時的になくなる場合がありますが、毎日精子は作られて行くので完全に空の状態からは約3日間で満タンになると言われています。もちろん、満タンになった後でも精子は生産されますが、余分な分は分解されて体内に吸収されるので、...

セックスの時にも問題ないし大丈夫と仮性包茎をそのままにしておくと、将来的に勃起不全の確率が高くなります。特に、亀頭の露出がうまくできない真性包茎、カントン包茎は要注意です。これらの包茎は常に亀頭を締め付ける状態となり血流が停滞してしまう原因になっています。このような状態ではED治療薬や精力剤を飲んで血流を高めても、皮をかぶっている為に効果が少ないというのが現実です。また真性包茎、カントン包茎は、皮...

新婚さんと言えばラブラブな幸せな夫婦生活を思い浮かべますよね?しかし、こんな幸せそうな新婚家庭を襲う「新婚性勃起障害」というものが密かに増えてきています。これは、男性のペニスには何ら異常がないのに、「なぜか勃起しない」「性行為ができない状態」になってしまうの事を言います。これらの原因のひとつとして考えられているのが、結婚前の性交渉が少ないという事です。新婚性勃起障害を引き起こしている夫婦を調べたと...

精力減退してしまう原因はさまざまあります。一般的には加齢が主な原因と言ってしまえばそれまでですが、同じ年齢でも精力の差はでてきます。では、どんな原因によって精力がある人、精力がない人に分かれてしまうのでしょうか?その原因を探ることで、自己管理において改善できる部分は改善することで、いつまでも若々しい精力を保つことが可能なのです。それでは、精力減退の主な原因をご説明します。

アルギニンという成分はご存知ですか?アルギニンはシトルリンと同様に男性の下半身にとって非常に重要な役割をする成分です。この成分なしに弱った勃起力を取り戻すのが困難とも言える成分です。アルギニンとは、アミノ酸の中の一種で、主に私たちの食生活の中では、牛乳や大豆、玄米、ナッツ類、レーズン、海老、肉類に含まれています。意識はしていなくても、毎朝牛乳を飲んで、納豆を食べて肉を食べていればアルギニンは摂取し...

仮性包茎は、普段は亀頭に皮がかぶっている状態ですが性行為や、自分で皮を剥こうとすればむける状態の事です。仮性の包茎の方のほとんどが、皮が余っているために亀頭まで皮がかぶさってしまう、または、カリの根元に皮を引っ掛けている状態のことを言います。性行為には何ら問題がない為に、そのままにしている人が大変多いです。日本人の約50%程度がこの仮性包茎と言われています。この仮性包茎は、ご自身で皮をむくクセつけ...

渋谷区で認めらたLGBTとは?2015年に日本で初めて渋谷区の条例で同性カップルを「結婚と同等とする関係」を認める「パートナーシップ証明書」条例が可決成立されました。これにより同性愛者は家を借りたり、職場でも窮屈な事が多かったのですが、渋谷区では少しずつLGBTにとって住みよい環境作りが整っていくと思います。しかしながら、日本でLGBTカミングアウトする人はまだ少ないのですが、海外では有名なスポー...

徳川家康と言えば戦国時代から安土桃山時代にかけての武将であり、江戸幕府の初代征夷大将軍として知られています。260年間にも渡り、戦争のない平和な世の中を作り上げた人物としても知られています。しかも、当時の武将としては長生きで、現代の平均寿命と変わらない73歳まで人生を全うしました。これだけの天下人ですから、女性関係の方もたいへんパワフルで、分かっているだけでも正室2人、側室16人他多数のめかけに1...

人間の体は加齢とともに代謝が悪くなり、若い頃と同じような食生活を送っていると、血液中にコレステロールがどんどん溜まっていきます。その塊が血管内に付く事で血液の流れは悪くなります。この状態を動脈硬化と言います。動脈硬化がさらに進んでいよいよ血管が詰まってしまうと心臓なら心筋梗塞、不整脈、脳なら脳梗塞を引き起こします。ペニスに起きる現象が勃起不全なのです。ペニスの海綿体も毛細血管の集まりで形成されてい...

勃起力を改善する方法としては、サプリやED治療薬、陰茎トレーニング、食事療法などがありますが、中でも陰茎プロステーシス手術は手術の中でも最終手段とも言える方法です。海綿体注射や勃起補助具でも効果が得られなかった向けの手術とも言われて言われ、日本でもこの手術を行った病院はそれほど数は多くはありません。陰茎プロステーシス手術とはペニスの内部に棒状のシリコン製のものを埋め込む手術で、陰茎の太さによって、...

日本は少子高齢化のど真ん中ですが、高齢者がますます元気になっているのはご存知ですか?銀行への預金残高も多く、経済的に余裕もあり、時間を持て余してる高齢者が向かっているところは風俗店なのです。特に年金支給日の15日なると一気に高齢者のお客さんが増えるそうです。これが吉原年金族と呼ばれる人達です。風俗店には80歳代の男性も訪れることもあるからと言うから驚きです。性が目的ではなく、自分よりも若い年齢の女...

性感染症は決して若者だけのものではありません、近年、中高年や高齢者でもED治療薬や性力剤のおかげで、セックスを楽しむ人が増えてきており、中高年以降の性感染率が非常に高くなってきています。性感染症はもはや普通に一般に存在している病気なのです。特にクラミジア菌は自覚症状が少ない事から、知らない間に感染しているといることがあります。性感染症にかかると不妊症の原因やパートナーに感染させたり、子供への感染、...

医薬品と言われる薬は、リスクに応じて「第一類医薬品」「第二類医薬品」「第3類医薬品」と区分されています。リスクが高いというのは薬の効き目が強く、副作用も強くでる可能性の高いものです。これらは医者の処方箋が必要であったり、薬局やインターネットでは購入できないようになっています。しかし、このインターネット販売については賛否両論があり、近所に薬局がない高齢者の方が購入するには便利なインターネットですが、...

急性膀胱炎にかかりやすいのは男性よりも女性に多く、年齢の若い世代にも多く見られる病気です。急性膀胱炎になる理由としては細菌が尿道から侵入して膀胱炎膜に付着することで細菌が増えて炎症を起こします。免疫力が強い場合は菌が付着しても炎症を起こしませんが、体力の低下や、ストレス、体調不良、尿を長時間我慢する、性行為などによって発症します。急性膀胱炎になると、排尿痛や排尿時の違和感、下腹部の張り、鈍痛、血尿...

手軽にいつでも服用できることから大人気の精力剤。精力剤のパッケージや瓶の裏側に書かれている精力成分を気にしている方は案外少ないのです。そこで、男が知っておくべき代表的な精力剤成分をご紹介します。なんとなく聞いたことがあるという成分もあるかと思いますが、この機会にもう少し理解を深めておくと将来役にたつと思います。「次回の精力剤を購入する時」、「自分の身体にはどんな成分があっているのか?」下記に精力成...

非閉塞性無精子症とは精液の中に精子が含まれていない状態です。従来の医学の研究においては精子形成が完全にないと思われておりましたが、局所的に精子が残存しているケースがあります。非閉塞性無精子症の原因原因と考えられているのが「染色体異常」「遺伝子異常」とされておりますので子供への遺伝が心配されます。染色体異常で多いものはクラインフェルター症候群です。Y染色体上長腕(性染色体)に、精子形成に関係する遺伝...

40代女性は子育ても一段落する時期で、ある程度の余裕ができるので大いにセックスを楽しみたいという精神状態になります。また、40代になった女性は男性ホルモンが活性化して、性欲も男のようにアップしていきます。性欲はアップするのですが、いざ性行為となると陰部が若い頃のようには濡れにくい為、性行為痛を感じる方も少なくありません。その痛みが原因となり性行為をだんだんと避ける方もいます。男性には分かりませんが...

夫婦や恋人同士がセックスレスになる原因は男女ともそれぞれにあります。年代によっても理由がそれぞれありますが、その根底にあるのはパートナーへの興味関心が薄れているという事です。それを正当化するように、様々な理由はたくさんありますが、相手への興味がないと愛情がなくなり→セックスの回数が減る→セックスレスになるという流れです。年代別に100人のセックスレスのアンケート調査結果によると、20代のセックスレ...

特に男性に多い事で知られる性感染症が「急性尿道炎」です。性行為時に尿道に入り込んだ菌から感染する性感染症(STD)です。女性は尿道が短い為に尿道炎になる確率はたいへん低いです。例え性行為のパートナーが菌を保有していたとしても、菌の種類や量によって100%感染するものではありません。菌の種類として最も多いのがクラミジア、淋病です。その他には腸内細菌や皮膚や粘膜の常在菌、珍しい菌としてはマイコプラズマ...

セックスレスの夫婦が旅行先のホテルで久しぶりに盛り上がった、という話を聞いたりしますと、性力はセックスを楽しむ部屋の環境によっても大いに左右されるものだと確信しています。毎日同じ寝室ではこれと言った新鮮な雰囲気もなくマンネリ化に伴い男性の性力も衰えてしまいます。言われてみれば当然の事とも言えるでしょう。しかしながら、セックスの度に旅行やラブホテルに行くのも非現実的です。そこで、手軽にできる寝室の模...

偽睾丸インプラント挿入手術とは怪我や手術によって睾丸を摘出した場合に見た目やバランスをよくする為に行われる手術です。睾丸を摘出してしまった状態ですと、見た目が格好悪い、違和感があるなどの問題を解決する為の手術です。偽睾丸は人体に近い医療用のソフトシリコンですので、ご自身で握った感触もまるで本物の睾丸のような感触があります。もちろん、他人から見て偽睾丸と分かることはほぼありません。クリニックでは患者...

女性を外見だけで「感じやすいタイプ」かを見極める為の方法が噂や都市伝説化して様々あります。今回は医学的見地から膣オーガズムを感じやすい女性を外見から判断する方法を解説したいと思います。膣オーガズムとはペニスの挿入によってオーガズムを感じる女性の事を言います。その一つの例が、上口唇がきれいな三角形としてはっきり現れている女性です。下記の写真の赤い円で囲まれた部分が上口唇です。この上口唇がはっきりとし...

女性器へのペニスやタンポンなどの挿入時に、膣内の周囲の筋肉が反射的に痙攣して挿入ができなくなる性交困難症のひとつです。皆さんが思っている膣痙攣は陰茎が抜けなるなる状態を想像すると思いますが、実際は挿入が困難になる状態が多い状態です。性行為中の膣痙攣により男女が一緒にタンカーに乗せられて病院に担ぎ込まれるようなシーンがありますが、膣痙攣によりペニスが抜けなくなると言うのはもはや都市伝説化している誤っ...

恋愛中や新婚夫婦でもセックスレスのカップルが増えています。セックスレスの理由はコミュニケーション不足や共働きで忙しい、疲れている、子育てて忙しい、お互いに歳をとりすぎた、面倒くさい、など様々な理由がありますが、実は男性と女性とではセックスをしたいと思うタイミングのズレが原因とも言われています。男性は朝にしたいと思う傾向があり、女性は夜にしたいと思う傾向があるようです。その理由のひとつに、男性は朝立...

「ICI療法」とは、ED治療薬では副作用が出てしまい、お困りの方向けに開発された副作用がない治療方法です。優れた治療効果が認められているものですが、先進国の中では日本だけが自己注射が認可されていない為、あくまでも自己責任の元、行う治療となります。自分で注射する場合は必ず医師からの指導を受けなければなりません。「ICI療法」の特徴勃起薬として有名なバイアグラやレビトラ、シアリスですが、そのような勃起...

器質性ED器質性EDとは神経の障害により、うまく脳からの勃起命令が伝達されないことが原因で起こるEDです。器質性EDの例をひとつあげるとすると「糖尿病」があげられます。血液中のブドウ等濃度が高くなる糖尿病は血管の内部を傷つけたり、神経にも悪影響を及ぼします。この現象を糖尿病性末梢神経障害と呼びます。また、血液がドロドロ状態になる高脂血症も血液の流れを妨げる原因となり、ペニスの海綿体へとスムーズな血...

過活動膀胱とは尿を溜めておくことが我慢するのが難しい膀胱機能障害の病気です。20代、30代でも起こりますが、男女ともに50歳以上の方にみられる症状です。過活動膀胱は「尿意をもよおすと我慢できない」「尿意を少しでも感じると気になって我慢ができない」「尿意切迫感」。「1日10回以上トイレに行く」「2時間以上我慢ができない」頻尿と呼ばれるもの。トイレまで我慢できずに少量が漏れてしまう「切迫性尿失禁」など...

人間の体には約70種類と呼ばれるホルモンが毎日分泌されています。健康でいられるのもホルモンのおかげと言っても過言ではありません。その数あるホルモンの中でも精力や勃起力に大いに関係しているホルモンが「テストステロン」という物質です。テストステロンとは男性ホルモンとも呼ばれており、男性が筋肉隆々のたくましい肉体や男としての闘争心、競争心があるのはこのホルモンの作用によるものです。元々体質によっては、生...

わきがと聞けば脇の下の臭いとご存知の方は多いのですが、「すそわきが」と聞いて理解できる方はとても少ないです。すそわきがとは「陰部のわきが」の事を言います。実はわきがの原因と言われているアポクリン腺はワキ同様に陰部にも存在しています。その為、ワキガ同様に汗と皮脂が混じることによって、細菌による独特の臭いを発生させてしまうのです。ワキガと比べますと、陰部の臭いは遠い場所にある為に気がつきにくく、自分の...

閉塞性無精子症とは男性不妊の原因疾患の一つです。精液を顕微鏡で観察した場合、精子がまったくいない、もしくはほとんど確認されない状態です。男性不妊で受診を受けた25%が「閉塞性無精子症」と言われています。「閉塞性無精子症」決して精液量が少ない訳ではなく、精液が減少するのは「乏精液症」と呼ばれており区別する必要があります。閉塞性無精子症の原因は?精子量は問題がないのですが、何らかの原因により両側の精管...

性感染症の性器ヘルペスは性行為によって感染をします。症状としては肌の表面にむず痒さを感じるようになり、約10日前後で、直径1〜2mmの小さな水泡のようなブツブツができます。そして水ぶくれが破れることで強い痛みがあります。人によっては熱が出る場合があります。男性の場合は肛門周辺、ペニス全体、太ももの内側、直腸の粘膜、おしり全体にも及びます。女性の場合は排尿痛や外陰部、膣の入口、お尻、子宮頚管や膀胱ま...

体内の血流を常に良くしておくことは健康維持にはとっても大切な事です。血流が停滞していると動脈硬化や様々な生活習慣病の原因にもなってしまうのです。勃起不全EDも例外ではありません。簡単に申し上げると勃起不全は言うならばペニスの動脈硬化状態なのです。それでは、私達は動脈硬化を防ぐにはどのような事を心かげて食生活をすれば良いのでしょうか?その重要なポイントをまとめましたので、参考にしてください。青魚と納...

肝臓は人間の血液の汚れを取るフィルターのような機能があります。肝臓を悪くしてしまうと、尿毒症になる恐れがあるので人工的に血液を浄化する「人工透析」をする必要があります。あるデーターによりますと「人工透析」治療を受けている患者の2人に1人が勃起不全、もしくは勃起不全予備軍と呼ばれています。特に60歳代で人工透析を受けている患者さんの場合は約80%が勃起不全との調査結果が出ています。これは元気な60歳...

今でこそ、Gスポットと聞けばニヤニヤする男性が多い時代ですが、このGスポットという言葉をつけた人物こそ、ビバリー・ウィップル博士です。博士を一躍世界的に有名にしたのが、1982年に発売されて世界的ベストセラーとなった『Gスポット(原題:The G SPOT)』です。その中で女性の最も敏感な部分を“グレーフェンベルク・スポット”と名付けたと書いてあります。グレーフェンベルグが省略されてGスポットとい...

男性にとってはドキッとするお話かもしれません。これは私の後輩であるA君が私に話をしてくれたものです。(A君は今、3歳年下の彼女と同棲して5ヶ月が経ちます)浮気はバレないように気をつけましょうというお話ではなく、浮気行為自体はどんな理由があれダメな事ですので、戒めの意味も込めまして本人の許可を得て話すことにしました。皆さん、スマホはお持ちですか?ガラケー携帯でも良いのですが、指紋認証ロックをかけてい...

ありそうでなかった、ビールを飲んで精力を増強できるビールがあります。それは、ビールの本場ドイツにあるエロチック・ビールです。お父さんが泣いて喜びそうなこのビールは、ドイツのバイエルン在住の醸造職人ユルゲン・ホップ氏が開発したもの。ビールを飲んでしまうと、下半身は弱くなってしまうのを逆手にとった精力増強ビールです。ビールのラベルには「上半身裸の女性」が描かれており、男のエロ心をくすぐります。このエロ...

ブッダの主治医シヴァカがタイにに伝えたとされる2500年の歴史を持つタイ古式マッサージがあります。その中で「ジャップカサイ」と言われる精力を増強する睾丸マッサージ方法があります。睾丸はもちろんですが、睾丸周辺のリンパの流れをし激することで、精力増強、肝機能の回復、腰痛にも効果があるとされています。この「ジャップカサイ」を受けると睾丸の血流量が増すことによって、勃起力、勃起時の硬さ、精液量が増加する...

精液の中に含まれる精子は毎日あなたの体内でせっせと作られています。しかし、加齢とともに生産量は減っていき50代では20代の約半分程度の量になります。若い世代でも避妊に悩む人達が増えていますので、精子が減少してしまう避けるべきことを4つお伝えいたします。海外の泌尿器科医が発表した精子が減少してしまう行為とは、「飲酒」「喫煙」「熱いシャワー」「長時間のサウナ」の4つです。これらの事を日常的に行っている...

人間の三大欲と呼ばれるのが「性欲」「食欲」「睡眠欲」。これはどうしても避けられない人間の本能に根ざした欲求です。1日中「セックスの事を考えている」「食べることだけ」「寝ることだけ」なんて考えている人も多いようです。人間のこの三大欲に対してどれくらいのバランスで考えているのか?この度、オハイオ州立大学の研究者達が、男女300人の学生を対象に実験をしました。実験方法はこうです。1日のうち「セックス」「...

ダイエットを決意した時に始める事と言えば「食事制限」と「運動」ですね。この2つを組み合わせて体重や体脂肪を減らしていけば痩せられると考える方が多いでしょう。しかし、ダイエットにつきものの「つらい運動」は途中で挫折してしまう方も多く長続きしません。もっと楽しく、痩せることはできないか?それがセックスによるカロリー消費です。30分のセックスで消費できるカロリーは約200キロカロリーと言われ、激しさによ...

テレビ好きにはたいへんショッキングですが、長時間の座ったままのテレビ鑑賞で精子の数が半分にまで減ってしまうという情報です。米ハーバード大学公衆衛生大学院のホルヘ・チャバロ氏率いる研究チームは、18〜22歳の男性189人に対して調査をしました。その調査内容とは、一人一人の「食生活」「毎日の運動量」「タバコや飲酒などの生活習慣」「ストレスレベル」を調べて、被験者の精液との関係を調べました。調べるうちに...

精力アップをする為の方法はいくつかありますが、日本人が古来より大切にしてきた「神」頼みという神聖な行為であるお参りがあります。日本の神社には「精力増進」「子宝を授かる」事を祈願する神社がたくさんあり、また、男根を催した神輿を担ぐ祭りなどが各地で行われています。神社を参拝する行為は風水的にも「運」に恵まれご利益があると言われています。特にご利益が高いと言われている精力増進(子宝授かり)が期待できる神...

生涯現役の男性を目指すなら、常に恋をする、もしくは恋をした時に脳から分泌される「フェニルエアチミン(PEA)」の分泌を促す事が鍵となります。人間が一目ぼれして恋に落ちた時にドキドキするのはこの「フェニルエアチミン(PEA)」が大量に分泌されているからなのです。「フェニルエアチミン(PEA)」が分泌されると、幸せな感情に包まれるので、ポジティブ思考にもたいへん良い影響を与えています。男性が若い女性と...

最近、インナーマッスルという言葉をよく聞きますね。スポーツ選手もこのインナーマッスルを鍛えることで、運動能力やパフォーマンスが格段に上がったとも言われています。インナーマッスルは姿勢などを保持してバランスの安定化を保つための筋肉です。このインナーマッスルを鍛えることで男女共に精力がアップする方法があります。それは太ももと腰を結んでいる腸腰(ちょうよう)筋を鍛えるのです。この筋肉は骨盤底筋群をコント...

カフェや駅などでもWi-Fi対応の場所が増え、ノートパソコンを使う人も増えていますね。以前から、Wi-Fi通信が体に与える影響を研究者達が警鐘を促していましたが、この度、アルゼンチンの研究チームが男として無視できないような研究発表をしました。その実験とはノートパソコンから3cmほど離れた位置に精液を置いて、時間の経過によって精子の活動能力を調べたというもの。実験の結果は25%の精子の動きが止まり、...

ポストオルガスム病症候群(POIS)は、男性が射精後に引き起こす症状の事を言います。射精後に引き起こす症状としては「高熱」、「鼻水が大量にでる」、「倦怠感」、時にインフルエンザのような症状を引き起こすこともあるそうです。このような症状が、射精を原因として起こっているとは考えにくく、セックスをしたから疲れたのだろうという程度にしか思いません。激しいセックスをすれば倦怠感を起こすのは普通ですし、たまた...

恋愛の形は「異性愛」「同性愛」「両性愛」がありますが、最近は第4の性と言われる「無性愛」が増えていると言われています。これはカナダ大学の心理学部のアンソニー・ボガード教授が発表したものです。教授によれば他人への性的衝動を持つことができない無性愛者が、世界人口の約1%いると言われています。たったの1%と言っても、世界人口が70億人ですから、世界中に7,000万人の人々が無性愛者であると予測しています...

季節によって、セックスの回数は左右れるのか?この問題に取り組んだ英国のチームが行った調査によると、季節的には夏がセックスの回数が増える傾向が分かりました。セックスの回数だけでなく、やはり夏はナンパの頻度が増えて、成功率が高まると結果がでました。データーは2000名の成人に「セックスの回数が多い月は?」とアンケートを実施して、月で一番多いのは8月と判明しました。次に多かったのが7月、6月と続きます。...

近年の研究によって明らかにされたセクソムニアという睡眠障害があります。このセクソムニアは睡眠状態でありながら、無意識に性行動をとるものであり、夜中に勝手に歩き出してしまう夢遊病とは違います。世界でも事例が少なく、ほとんど研究も進んでいない状態にあります。本人にまったく記憶がなく、他人が睡眠時にあった行動を指摘しても、本人が恥ずかしさから認めない為に病院に行くこともなく、病気であるという認識もありま...

喫煙者にはとてもドキッとする話ですね。スウェーデンの反喫煙団体(A Non Smoking Generation)が子供が喫煙者にならない為に「喫煙はペニスの発達を妨げる」という過激なポスターを街のあちこちに貼り、これが物議を巻き起こしています。この団体はこのように話しています「我々が示したかったのはタバコ産業の企業がいかに嘘をつき続けているか、そのことをまず知ってもらいたいわけです。私たちの嘘は...

海外では精力効果のある動物が密輸グループによって絶滅の危機に瀕しています。過去にタイから中国へ「センザンコウ」というアリクイに似た動物を110匹を密輸しようとしたグループが摘発されました。この事件の前にもタイで171匹、155匹の密輸が摘発されています。中国ではセンザンコウはスープにすると精力がつくと言われており、タイの密輸業者は捕まるリスクがあっても密輸がなくならないのです。人間の身勝手な理由に...

クリューバー・ビューシー症候群とは人間以外の物に対しても性交を試みようとしたり、手にしたものを口に運んでしまう(口唇傾向)症状です。このクリューバー・ビューシー症候群とはクリューバー博士とビューシー医師が1939年に報告した症候群です。精神病の一種である為に、その判定が難しく、今までは精神病という大きなくくりの中に入れられていた為、ほとんど研究されておりませんでした。■クリューバー・ビューシー症候...

脳のサイズと睾丸のサイズについて長らく研究がされてきましたが、ここで一つの結論に達することが発表されました。この研究を行ったのがニューヨークのシラキュース大学スコット・ピトニック教授です。教授は「膨大な精子を作り出す為には、巨大な睾丸が必要とされ、高度な知的活動を行うには大きな脳が必要とされる」と結論づけました。また、「脳と睾丸が消費するエネルギーは共に大きため、オスは進化の過程において常に、エネ...

海外のニュースによると、女性の股間に突如ペニスが生えてきて、数千人が参拝したという。ペニスが生える以前は、養鶏を営んでいたシン・サンダーさんは、幼い頃から男性への憧れがあり、男性になりたいと思っていたそうです。そして、先月のある日を堺に、股間ににょきにょきとペニスが生えてきたと言います。このミャンマーの村では、ペニスは”畏怖すべき吉兆”として敬われ国中から彼女を参拝するために数千人が訪れたと言う。...

世界には数千人の方々が持続性性喚起症候群(PGAD)という病気に悩まされています。少ない人で1日20回、多い方で1日100回以上も突如オーガズムに襲われる症状です。これは性欲とは一切関係性がなく起こる症状です。このオーガズムを感じるタイミングは、家事をしている時、読書をしている時、車に乗っているとき、食事をしている時、どんな時でも、自分の意思とは関係なく襲ってきます。車の振動や、電車の振動、コピー...

女性がセックスの時にイッた演技をするのは、男性の為と思われていましたが、実は、女性の本音はそうではないらしいのです。男性は女性の演技している姿を「冷めた目で見ていたり」「自分への気遣いならうれしい」「バレないようにうまくやってほしい」「あまり気にしていない」「自分にテクニックがないと感じる」など、いろいろな意見があります。実は、海外の大学の研究チームが、18歳〜32歳までの女性366人を対象に調査...

世界中にはペニスにまつわるチン事件がありますが、セルビアからとんでもないチン事件が入ってきました。なんと男性がペニスの硬さを維持するためにペニスにえんぴつを差し込み、それが膀胱に突き刺さって緊急病院に運ばれるという事件です。男性は以前より、勃起障害の症状を持っており、その日も新しい恋人との夜を前に、どうにかペニスを固くする方法はないかと考えたところ、えんぴつを差すというアイディアを思いついたと言い...

米国には、人間のペニスに似た「偽ペニス」を販売する業者をめぐって、製品の合法性を巡り物議を醸し出しています。物議を醸し出している主な理由としては、これらの「偽ペニス」を使い、尿による麻薬検査をパスすることを目的としていると言われているからです。過去にも、ハリウッドの映画俳優が「偽ペニス」を使い麻薬検査をパスする為に使用して逮捕されたという事件が起こっています。このような事件が背景にあり、米国議会で...

ドイツはウルム市郊外のホーレ・フェルス洞窟遺跡にて人類最古の石器ペニスが出土した。石器ペニスは14個のシルト岩の欠片から復元されて、その長さは約20cm、太さは3cmで、石はツルツルに磨き上げられていたといいいます。この石器ペニスを年代測定によって調べたところ、約28000年前のものである事が判明し、石器時代にこのような男根が人工的に作られたのはおそらく世界最古の発見でないかと言われている。この石...

セックス依存症とは、パチンコや競馬などのギャンブル依存症、アルコール依存症と同じ精神疾患の病気です。依存の度合いが高くなると、1日中セックスの事で頭がいっぱいになり、日常生活に支障をきたす状態になります。もちろん、ひどくなると会社に勤めができなくなったり、自分の欲求を満たす為には性犯罪に走る場合もありますので大きな社会問題になっています。依存症がひどい場合は専門の病院で精神的なカウンセリングを受け...

インドでは突然15歳の少年が月経が始まり、その不思議な身体の構造に医師らも手をこまねいていると言う。インドのバルドワン西部のタラクに住んでいる少年は、ここ1年間で定期的に毎月第二週目にペニスから出血を繰り返していると言います。また、少年は月経とともに、嘔吐や腹痛、精神不安なるなどの症状が現れているようです。地元医師のサディプ・モンドル氏はこのように述べています。「少年は男性器と女性の特質も備えてい...

あたかも女性のように男性の妊娠とも言えるべきケースがあります。もちろん、男性が実際に出産というのは医学的に不可能なのですが、これはクーバード症候群と呼ばれています。couvade症候群(クーバード症候群)とは、couvadeはフランス語の子供を生むことを語源としており、古来より世界各地で行われていたクーバードという風習に由来しています。クーバードは「擬娩」と訳され、女性が子供を出産した前後に、男性...

世界で人口が2番目に多い国、インドのムンバイに住む男がペニスにナットを装着して抜けなくなった事件がありました。この男はインドで流行しているボディ・ピアシングに影響を受けて、リングではなく、ナットをペニスに装着することを思いつき、早速実行。しかしんがら、ペニスを強く締め上げた結果、ペニスからナットが抜けなくなってしまいました。なんとか外そうと2時間の時間を要しましたが、まったくナットが抜けることなく...

米国は訴訟大国と言われるほど、日本では考えられない訴訟が毎日起きています。セックスに関する事件で訴えられることも少なくありません。そんな中でマサチューセッシュ州で起きた訴状をご紹介します。他人事と思うとつい笑ってしまう事件ですが、自体はかなり深刻のようです。女性と合意の上での性行為の最中、男性が挿入しているのにもかかわらず、女性が男性の断りもなく、急に体位を変えたために、勃起した状態のペニスが折れ...

映画"ターミネーター"でおなじみのアーノルド・シュワルツェネッガー"シュワちゃん"御歳67歳にして、今年公開された、「ターミネーター新起動/ジェニシス」でも華麗なアクションを見せており、まだまだ現役のアクション俳優ですね。身体を動かして鍛えているとのことで、以前の撮影時の時とウエスト周りを除けば同サイズだったということです。67歳にして、まだまだ現役ですが、アソコの方も元気で、2013年10月、6...