精力剤の基礎知識

300種類の中から選んだ精力剤

HERO
えっ!?こんなデカイの初めて・・・短小&カリ無し解消!であなたも英雄(ヒーロー)に!!
BIG FACTORY
まさに本物といっても過言ではない陰茎増大方法!チントレでもなくサプリでもなく「水」!事前に溶かした状態で摂取できるからナノレベルで浸透!元某有名AVメーカー独自制作していた商品が遂に限定一般販売開始!

中高年の性力アップの秘訣記事一覧

人から肌を触られてもドキドキしない、まるで感じない、いやらしい気持ちにならない事を一般的に不感症と言います。セックス時の不感症は、お互いが楽しくなく、夫婦関係、恋人関係も冷め切ってしまいます。この不感症の原因はいろいろとありますが、主な原因としては「セックスがワンパターンの為刺激がない」「性欲が落ちてしまってやる気がおきない」「セックスそのものに興味がなくなった」「精神的な病気やストレス」などがあ...

中高年以降は性力が落ちてしまいますが、健康的で充実した人生を送るには性行為は欠かせないものです。加齢によって血液の流れが停滞して性行為に必要な勃起力を保てない上体がED(勃起不全)です。中折れや射精に至らないのもEDがもたらすものです。そもそも、EDになったらセックスを諦めればいいんじゃないか?という意見もありますが、EDになっているという事は、他の血管の病気になる可能性も高くなっているのです。そ...

60歳にもなると、若い頃のように下半身も言う事もきかず、射精をせずに下半身が萎えてしまい、セックスが終わってしまうというのもしばしばです。また空撃ちと呼ばれるような現象も多くなってきます。中折れ、ED、勃起スピード、勃起の持続時間、射精量など、20歳と比べるとすべてにおいて1/5程度になります。若い頃は射精をすればセックスをしたと思っていましたが、60歳のセックスは、例え自分がイクことができなくて...

日本では60歳代で定年を迎える年代ですが、今の60歳代は大変元気で、下半身の方もまだまだ現役で活躍している人が多いです。人間には持っている機能を使わないと衰えてしまう性質があり、そのような現象を専門用語では「廃用性萎縮(はいようせいいしゅく)」と言います。これは鍛えれば強くなる筋力と同じで陰茎の機能を若々しく保つためには、60歳〜70歳代でも約2習慣に1回の射精が必要です。これが「廃用性萎縮(はい...

セックスは100mを全力疾走で走る程の負担が心臓にかかると言われています。それほどまでに心臓がフル活動をして体力を消耗するものです。射精後は男性はその失った体力を補足するように眠気が襲ってきます。これも人間の本能的なものだと思います。20歳、30歳代はまだまだ体力も気力も精力も十分ですが、40歳、50歳代になると若い頃と同じようには行かなくなります。そして60歳代、70歳代となると精力剤やED剤の...

弱った精力をアップさせたい!男ならそう思いますが加齢による衰えには誰も勝つことができません。しかし、その急降下していく精力を少しでも緩やかなに落ちていくようにする努力だけはできます。同年代よりも若々しく保ちたい、まだあなたが諦めなければその願いは叶うのです。加齢により陰茎の衰えは特に、海綿体へに送り込む血流の勢いがなくなります。これは脳からの指令により海綿体へと血流を送りなさいと指示がでるのですが...

社会的にも気持ちはまだまだ若い働き盛りの40代も、精力の方は確実に下がってきています。精力剤を飲み始めた年齢が一番多いのも45歳過ぎからで、確実に勃起力、射精力、性欲ともに落ちているのを実感する年齢です。これは誰もが体験することですので、仕方がありませんが、ぜひ「精力剤」を上手に使って日々衰えていく下半身を鍛えていきましょう。精力剤は、主に錠剤タイプが一番販売されています。他にもドリンクタイプやア...

ED(勃起不全)の場合のED治療としては一般的にはバイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬を飲むことで約80%の方が治療することができます。しかし、薬を飲み続けなければならず保険の適応外のED治療薬は経済的にも負担が大きい場合があります。ED治療薬を飲まないでEDを治療しようとした場合は男性ホルモンのクリームを太ももの内股に塗るという治療方法もありますが、あまり一般的ではありません。EDの先...

結婚生活や同棲生活、お付き合いしている時間が長くなるほどマンネリ化してくるのがセックスです。場合によっては、セックスの回数が減りセックスレスになった時にお互いの気持ちが離れていき、結果的に離婚という事態にもなりかねません。特に男性はセックスの回数こそ愛情の証と思ってしまう事も多く、女性のセックスを拒否されてしまうと「もう自分は愛されていない」と思ってしまいます。子供さんがいるご家庭では、奥さんは育...

常日頃からジムに通ってエクササイズをしたり、ウォーキングをしている男性は、何もしていない人と比べても精力があるという結果がでました。運動をしない男性は勃起不全になる確率が高いとの結論がでました。これは10年間海外の研究機関が調べた結果明らかになりました。もっとも勃起不全を防ぐ為に有効な手段としてはエクササイズ(運動)なのです。そんなにバリバリ鍛えなくても、プールでのウォーキングなら1キロ程度、ウォ...

40代〜50代は精力、性欲、勃起力ともに下半身の機能が著しく衰えていく年齢です。それは性機能の「廃用性萎縮(はいようせいいしゅく)」を加速することを意味しています。聞きなれない言葉ですが、「廃用性萎縮(はいようせいいしゅく)」とは、機能を使わないことによって、その機能がさらにダメになってしまう現象の事を言います。40代〜50代では、ほぼ夫婦間のセックスが皆無の男性もおり、これがさらに下半身をダメに...

性力が弱くなってくると、朝勃起の回数、睡眠中の勃起回数が大幅に減ります。寝ている間に意識をしていなくても一晩で何回かの勃起をしているのが普通なのです。この朝勃起の源は男性ホルモンであるテストステロンの分泌量です。昼間も視界からの性的刺激があると勃起することはありますが、夜は性的刺激がなくてもテストステロンが睾丸から分泌されるおかげで勃起をします。まずは、この朝勃起があるか、ないかで性力バロメーター...

健康の為にウォーキングやジョギングをされている方も多いと思います。人間は下半身の筋力から衰えていくので、身体の中で一番大きな筋肉である太ももを鍛えるのが効果的なのです。実は身体全体の約70%もの筋肉が下半身に集中しているのです。この下半身の衰えが性力と密接な関係があり、下半身が衰えてしまうと血流が悪くなる→男性ホルモンの分泌低下→性力の衰えにつながっていくのです。男性ホルモン(テストステロン)は1...

男性は自分がイッたらさっさと寝てしまうというのが女性が思っているセックスの不満の一つです。男性は加齢により性力と勃起力が弱くなっていきますが、女性は男性のように身体の構造が単純ではありません。女性は年齢によって求めているセックスが違うのです。ですので、相手の女性の年齢によってセックスの方法を理解して変化させなければならないのです。男性は女性の身体の事を深く知ることによってより充実したセックスができ...

日本で昔から食べられていた性力アップの食材と言えばウナギですね。最近はうなぎの漁獲量が減って天然物となるとほとんど幻状態になっています。漁獲量も少ないので、価格もまさにウナギ上りで、庶民の食べ物として気軽に食卓に上がるものではなくなってしまいました。そこで、最近人気が急上昇なのがドジョウです。江戸時代からの風俗街として有名な吉原では、ドジョウの「柳川鍋」を食べさせてくれるお店がたくさんあり、吉原の...

今回はフィリピンの「庶民のバイアグラ」とも言われている大人気のバロットをご紹介します。フィリピン以外にも東南アジアの地域でも広く食されている食べ物です。バロットとは孵化(ふか)する直前のアヒルの卵をゆでた「アヒルのゆで卵」です。フィリピンやベトナムでは滋養強壮として食されており、高級料理ではなく、バロットはフィリピンの街中の屋台で普通に売られている食品です。自転車に乗って売り歩く行商スタイルでも販...

今回は世界最大の面積を誇るロシアの精力食材「アラリエ薬蜜」をご紹介したいと思います。ロシアと言えばお隣の国ですが、日本人にはとっても寒い国、ウォッカ、ピロシキ、ボルシチ料理などが有名ですね。そんなロシアにはたいへん貴重なハチミツがあるのです。この蜂蜜はただのハチミツではありません。ロシアでは4年に1度しか取れないと言われる「薬蜜」として、病中、病後の体力回復、滋養強壮、精力アップとして利用されてい...

日本で昔から食べられていた性力アップの食材と言えばウナギですね。最近はうなぎの漁獲量が減って天然物となるとほとんど幻状態になっています。漁獲量も少ないので、価格もまさにウナギ上りで、庶民の食べ物として気軽に食卓に上がるものではなくなってしまいました。そこで、最近人気が急上昇なのがドジョウです。江戸時代からの風俗街として有名な吉原では、ドジョウの「柳川鍋」を食べさせてくれるお店がたくさんあり、吉原の...

漢方としても有名な高麗人参ですが、中国にはお酒に漬けた高麗人参酒があります。漢方専門店で、瓶に付けられた高麗人参をみたことはないでしょうか?本場の高麗人参酒はアルコール度数50度の白酒に約1年間ほど寝かせて高麗人参の持つエキスをお酒に抽出して完成します。中国では滋養強壮、精力アップ、女性の冷え性、健康に良いお酒として親しまれています。アルコール度数が高い本場の高麗人参酒は、飲むと胃のあたりがカァー...

年齢を重ねるごとに少しずつ落ちていく勃起力。若い時はお腹に反り返るほどの勃起力が50代ではほぼ平行に・・・。この勃起力が弱った時に参考にしてほしいトレーニング方法を2つご紹介します。まず一つ目は、お風呂上がりに半勃起させたペニスを腰をふってピシャピシャと太ももに刺激を与える方法です。遠心力を上手に使うことで内ももにピシャーンとうまくヒットさせるのです。これを15回〜20回繰り返してください。お風呂...

今回はポーランドのジュブルフカをご紹介します。ジュブルフカとはポーランド産のウォッカの事です。ポーランドの読みに近い発音が「ジュブルフカ」、英語圏や日本ではズブロッカと呼ばれて広まっています現在はジュブルフカのアルコール度数は40度と52度の2タイプあり、古くは14世紀頃から滋養強壮や勃起力強化のお酒として飲まれきた歴史があります。ポーランドの男はロシアの男よりも下半身が強いとポーランド人は信じて...

古くは中国では「旦那に精力をつけるならユリ根を食べさせる」という言い伝えがあります。ユリ根は中国やアジア、ヨーロッパや北アメリカにも分布しており、日本では北海道の間狩での生産が有名です。ユリ根が特徴的なのは、ユリの葉が変形した部分に養分が蓄えられる為、たいへん栄養豊富なことから昔から薬膳、漢方の食材として使われてきました。体調がすぐれない時、病後、風邪をひいたときの滋養強壮にも役立つのです。利尿や...