精力剤の基礎知識

300種類の中から選んだ精力剤

HERO
えっ!?こんなデカイの初めて・・・短小&カリ無し解消!であなたも英雄(ヒーロー)に!!
BIG FACTORY
まさに本物といっても過言ではない陰茎増大方法!チントレでもなくサプリでもなく「水」!事前に溶かした状態で摂取できるからナノレベルで浸透!元某有名AVメーカー独自制作していた商品が遂に限定一般販売開始!

寄せられた質問記事一覧

精力剤の購入にはどんな事に気をつければ良いでしょうか?アドバイスをお願いします。今回はED医薬品意外の精力剤とよばれるサプリメントの購入時に気をつけなければならない事をお話します。ネットで検索すると膨大な数の精力剤が出て聞きますので、迷ってしまう方も多いでしょう。精力剤の口コミサイトやランキングサイトを見てもどれが本当に効くのか分からない状態かと思います。ここでポイントとなるのは、購入前に配合成分...

性器ヘルペスとはどんな症状ですか?性器ヘルペスとは、性器ヘルペスを持っている方との性行為にて感染する性病です。水泡のようなブツブツができ、それが破れることで、ただれて強い痛みを伴います。性器ヘルペスは治療で完全に抑えることはできず、このウィルスを死滅させることはできないと言われています。その為、再発のおそれがある病気ですので、それを抑えるための治療方法もあります。始めて感染した場合は、皮膚の表面に...

彼女は性行為の時にコンドームを付けてと言うのですが、コンドームを付けると射精がスムーズにいかなくなります、どうしたら良いでしょうか?「付けるのが面倒」「コンドームを付けると場がしらける」などなど・・・。いろいろな理由があると思いますが、コンドームを付けると射精がスムーズにいかないという現象は、まずはペニスに対してコンドームのサイズがきちんと合っているか確認してください。あまり窮屈なサイズですと射精...

太ったらペニスが小さくなった気がしますが気のせいでしょうか?太ったらペニスが小さくなってしまったきがするというのは、実際にはあえます。陰茎の周りに皮下脂肪がつくことで、ペニスの根元が体内に埋もれてしまいサイズ的に小さく感じるのです。実際の長さは一緒でも、体内に埋もれてしまい小さく感じる事があるのです。それから、見た目的に体が大きくなるので、ペニスの大きさが相対的に小さく見えるというのがあります。こ...

オーラルセックスって何ですか?英語でオーラルとは「口の」「口述の」「口頭の」という意味で口腔性交とも呼ばれます。口や舌を使いながら相手の性器を刺激する行為で俗に言う「フェラチオ」「シックスナイン」「クンニ」の総称です。オーラルセックスだけでも性行為と同じように性感染症に感染します。性器にいる病原体が口腔内に感染するパターンと、口腔内にいる病原体が性器に感染するパターンです。口腔が性感染症になってい...

ケジラミ症は陰毛だけでなくワキ毛にもでますか?ケジラミとは約1.0mm程度のシラミの仲間です。ケジラミは主に陰毛に生息するのが一般的ですが、肛門の周りの毛やワキ毛、胸毛、頭皮やヒゲ、毛の生えている場所なら症状が現れることがあります。また、ケジラミは性行為だけでなく、タオルを媒介して感染する場合があります。ケジラミは吸血性の昆虫ですので、陰毛に潜んで人間の血を吸っています。血を吸われるとその部分が赤...

私は今、3種類の精力剤を朝、昼、晩と飲んでいますが、たまに忘れることもあり、一緒に飲んでしまう時があります。数種類の精力剤を一度に飲んでも大丈夫でしょうか?数種類の精力剤を飲んでも体には害はありません(医薬品はダメです)。しかし、精力剤はその1つのカプセルの中にさまざまな種類の成分が配合されており、微妙な配合比率で作られています。ですので、他の精力剤と一緒に飲んでしますとその微妙なバランスが崩れて...

僕は24歳の男性です。実は中学生の頃から勃起力が人より弱くて困っています。高校生、大学生の頃は一番下半身がビンビンになる時だと思いますが、あまり朝立ち経験がないのです。性欲ももちろん人より少ないかな?と思ったりします。女性の裸には興味がありますし、セックスを不潔とも思っていません。でも、あまりペニスが硬くならないのです。これは一体でどうしたら良いものでしょうか?まず最初に先天性の勃起不全の疑いがあ...

梅毒と良く聞くのですが、どんな性病ですか?梅毒とは性行為のパートナーから感染する病気で性行為をしなければなりません。風邪のように空気感染をするものではありません。江戸時代には「死の病」と言われたほど恐ろしい病気です。現在はペニシリン治療薬によって完治するのでそれほど恐ろしい病気ではありません。この梅毒はセックス、アナルセックス、オーラルセックス(フェラチオ、シックスナイン)によって感染します。この...

先日、アソコに小さなブツブツができて性病科に行ったらフォアダイスと言われました。これは性病でしょうか?性病に中でも特に多いのが、クラミジア感染症と言われており、年間に100万人以上が治療を受けていると言われています。その次に多いのが尖圭コンジローマと思われます。フォアダイスの症状と尖圭コンジローマは症状としてよく似ていますが、フォアダイスは性病ではなく、小さなブツブツの正体は脂肪の塊です。ですので...

以前、友達と温泉旅行に言った時に気がついたのですが、友達のアソコは肌のようにキレイなのですが、僕のアソコは黒くて恥ずかしいです。皆黒いのが普通と思っていましたが、どうやら僕は人よりも黒いです。アソコが黒いと遊んでいるように思われるし、本当は遊んでいないので、この黒いアソコを白くする方法はありませんか?アソコの色が他人と比べて黒いという事ですが、最初に言っておくと人間の色素の問題ですので、特に病気と...

僕は中三です。この前友人からオナニーばかりしていると頭がバカになると聞きましたが、これは本当の事でしょうか?オナニーのしすぎて頭が直接的に馬鹿になるという事はありません。15〜25歳頃は精力が一番ある時期ですので、毎日オナニーをしてもそれは自然の事と言えまし、体に害は一切ありません。そのような事が言われるようになったのは、おそらく「勉強もしないでオナニーばかりしていると勉強している時間がなくなり馬...

25歳になりますがずっと短小で悩んでいます。勃起しても8cm程度しかありません。大きくするのに何か良い方法はありますか?多少の個人差はありますが、まだ25歳であれば十分に陰茎成長の可能性はあります。短小の原因としては15〜20歳の一番陰茎が成長する時期の栄養、休息などに問題があったとされています。遺伝による短小はありますか?という質問も受けますが、100%遺伝とも言い切れない部分があります。さほど...

勃起力を取り戻したいのですが、病院はどこに行ったら良いでしょうか?下半身の状況や要望に応じて通う病院は違ってきます。病院としては泌尿器科、専門のクリニック、内科、産婦人科、心療内科です。行く病院を間違えてしまうと適切な治療が受けられない事になりますので、事前に調べて行くのが良いでしょう。以下、病院毎の特徴を書き出しましたので、参考にしてください。1.泌尿器科泌尿器科は下半身に問題が起きた場合には総...

クラミジアって性病でしょうか?クラミジアは精子に問題を引き起こす感染病です。クラミジアは自らが検査をしないと見つかりにくいもので、知らないうちに、男性から女性へと感染してしまいます。このクラミジアはコンドームをしないセックスなどが原因となり拡散していきます。クラミジア自体は0.3ミクロンという非常に小さいもので、正式名称はChlamydia trachomatis(クラミジア・トラコマチス)と言い...

今年28歳になりますが、悩みがあります。それは勃起力が弱いという事です。友人に自分の事を話すと、「そんな状態はありえない、病院に行った方がいいよ」と言われます。気がつけば大学生の頃からほとんど朝勃起した経験がなく、今の彼女ともほとんどセックスをしていません。健康体の20歳代なら、一番精力が盛んな時だと思いますが、どうしても性欲が沸かず、勃起状態にまでならないのです。女性の裸を見れば少しは勃起するか...

最近、増えてきている男性の中に「嫁さんとうまくセックスができない」という悩みの方が非常に増えてきております。20年、30年連れ添った夫婦であればこの話は仕方がないとも言えるのですが、新婚当初からこのような悩みの方が増えています。近年、結婚の晩婚化が進み、30代中盤で結婚する女性も少なくありません。女性は出産のきつさから考えますと40歳までには妊娠、出産と感じている方も多いようです。30歳中盤で結婚...

勃起の硬さを決めているのは海綿体への血液の量です。血流量が少なければ挿入に必要な硬さが維持することができない為、勃起不全や中折れという症状を引き起こしてしまいます。それでは、勃起時に必要な血流量はどれ位でしょうか?一般的には120〜160cc程度と言われています。人間の体全体の血流量は約5リットルと言われていますので約3%前後となります。ペニスサイズが大きい欧米人は、海綿体へと流れ込む血流量が17...

亀頭を大きくする方法はありますか?亀頭だけを部分的に大きくさせることは手術以外では難しいのですが、もし、仮性包茎や真性包茎だった場合は亀頭の成長が阻害されてしまい、他の方と比べて亀頭が小さいというのがあります。ペニスは15歳〜25歳が一番元気な時ですが、ペニスの成長は30歳代でも成長させることができます。35歳で包茎手術に踏み切った方は、それからペニスの亀頭がどんどん大きくなったと言っておりました...

5日程前に風俗に行きました。オシッコをする時に痛みが走りますが尿道炎でしょうか?男性の尿道炎で考えられるのは、クラミジア、淋菌、マイコプラズマ、ウレアプラズマなどがあります。これは1種類ではなく、数種類の感染をしている場合があります。症状としては、オシッコをする時の痛み、尿道の痛みや違和感、尿道から膿が出る場合があります。淋菌感染に関しては症状が現れるのが比較的早く3日〜7日程度です。またクラミジ...

25歳になります。前々から精力が強いほうだと思っていて、オナニーは毎日5回やっても、まだ足りない位です。最近、すごくスケベな年上の女性と付き合っていまして、平日、休日もほぼエッチばかりしています。アソコが擦れていたい時もあるのですが、彼女のエロさに耐えられず、やっぱりまたヤってしまいます。彼女も生理でもモヤモヤすると言って、やっぱりエッチを要求してきます。これは男がおかしいのか?女がおかしいのでし...

男性は何歳まで子供が作れますか?男性の場合は女性のように閉経というものがありませんので、精子を作れる限りは何歳でも子供を作れる可能性があります。加齢によって、精子量や元気な精子は減少していきますので確率は低くなりますが理論上は何歳でも可能です。ただし、高齢になっても性行為をする性欲と精力があればの話です。男性は例え80歳になろうとも女性パートナーが若ければ妊娠の確率はそれだけ高まります。最近の60...

年齢が50歳を超えました。まだセックスはできるのですが、精子量が少なくなっているのが気になります・・・精子量は元々若い頃から少ない人、多い人。これは体質の個人差があります。少ない方でも1週間〜10日位射精をしなければ量は増えるようになります。ただし、溜めすぎても一定上は精子は増えませんので、むしろ、量が少なくても定期的に放出していたほうが、新しい精子が作られますので、溜めすぎないようにしましょう。...

ここ2、3回ほど挿入している最中にアソコが小さくなる中折れで困っています。彼女ともきまずい雰囲気になります。何か良い方法ありますか?中折れは男性の下半身問題の中でもベスト3に入る悩み事です。30歳〜40歳代でもなる可能性が高いので注意が必要です。原因は様々ありますがストレスが大きな原因とされています。中折れが起きてしまった時はパートナーに申し訳ないという気持ちがあり、正直に言えないのですが、できれ...

53歳男性。毎日オナニーをします。同年代はせいぜい週に1回か2回。これは多すぎるでしょうか?健康のためにと毎日の運動とマカを飲んでいます。オナニーの回数は多すぎるという事はありませんが、手とペニスの皮との摩擦で、擦り切れないように気をつけてください。加齢によって昔ほどオナニーの快楽が高くないので、つい、ゴシゴシと長時間こすってしまうからです。このようなこすれを予防するには潤滑ローションを使うと皮膚...

彼女がほとんどフェラチオをしてくれませんが、セックスの経験が少ないのでしょうか?フェラチオとセックスの経験とは必ずしも一致しませんが、やり方が分からない、恥ずかしい、経験が少ないというのも原因の一つとして考えられます。最近は男性の方が電気を暗くしないとセックスができないという方もいますが、彼女がやりやすい環境を作ることも大切だと思います。いきなりフェラチオを強要しても、女性はイヤがるだけです。まず...

オナフォールが射精障害に良いという噂は本当でしょうか?名前は許可をいただいていないので言えませんが、実際にオナフォールを使用して、射精障害の治療やリハビリで使用している病院があります。射精障害とは膣内で射精ができない状態であり、この原因は強すぎるオナニーが原因と言われています。男性の握力でペニスを握ってゴシゴシした場合や、床や枕に押し付けてのオナニーはセックス時の刺激と比べると強すぎるのが原因です...

女性がセックスで気持ち良くなるポルチオはどこにあるのでしょうか?ポルチオとはラテン語の「ポルティオー・ウァギナーリス・ウテリー」からきており、ポルチオ、ポルテオなどと一般的に呼ばれています。場所は女性の膣内の奥の方にある子宮膣部のことです。Gスポットは入口付近のザラザラとした感触ですが、ポルチオは子宮の入口にあたります。まだ女性が感じていない時は子宮が下に下がってきませんので、指では届きにくい場所...

心因性のED(勃起不全)の方は心に悩みやストレスを抱えている状態が引き起こすEDの事を言います。これは、お酒の飲み過ぎなどで一時的になるEDとは区別されて考えられています。特に過去の性体験から「中折れしたらどうしよう」「勃起するだろうか」「早漏がバレてしまう」などの心の状態が原因となっています。ご質問の「心因性のEDでも精力剤は効果がありますか?」というご質問ですが、精力剤を飲めば心因性EDの方で...

膣トリコモナス症とはどんな性病ですか?性器内に肉眼では見えないほどの小さな原虫が入り込み炎症を起こします。主に感染源としては性行為によるものが多いのですが、感染している人が家族内にいる場合は、バスタオルに付着していたり、浴槽周り、便器周りにいることがあるので、性行為以外でも感染する場合があります。小さなお子さんでも感染してしまう場合があるので注意が必要です。男性が膣トリコモナス症になった場合はほと...

女性の潮吹きとはどのようなものですか?英語ではFemale ejaculationといって女性の射精と言われています。これは女性の尿道から排出される液体で、いわゆるオシッコ(尿失禁)とは別の物です。この潮吹きは女性が性行為やオナニーにおいてオーガズムが絶頂に達した時に起こる現象です。人によって性感帯は違いますが、主にGスポットやクリトリスやポルチオを刺激された時に起こる事が多く、男性にやってもらう...

性器カンジタ症とはどんな性病でしょうか?性器カンジタ症とはカンジタ属の菌が感染となり引き起こされるものです。性器カンジタ症は一般的性な性病とは分けて考えなければなりません。このカンジタ菌は人体の膣内、腸管に存在している菌ですので、他人から感染してしまうケースと、自らが免疫力の低下によって菌を活性化させて発病させてしまうケースがあります。女性が性器カンジタ症に感染してしまうと外陰部にカユミが発生して...

海外で盲腸の手術を受けた時に、下の毛は剃ったほうがいいと医師に言われました。欧米人はなぜ剃っている人が多いのですか?欧米諸国では、うで毛やあし毛など、全身の毛をケアする習慣があり、その延長線上として当然のことながら下の毛も手入れをしている人が多いです。つまり、外国の方からすると、「日本人は髪の毛はキレイだし、すね毛やわき毛もキレイにしているのになぜ下の毛の手入れをしないのか?」と疑問に思う方が多い...

血尿とはどんな病気でしょうか?時々尿が黄色なので心配です。血尿とは尿に血液(赤血球)が混じり尿が赤くなる状態です。通常でもごくわずかに血液(赤血球)が混じっていることがありますが、肉眼ではほとんど見えません。目で見てはっきりと分かる状態を「肉眼的血尿」と言います。しかし色が赤くても赤血球が含まれていない場合は血尿とは呼びません。逆に尿は赤くないのに、赤血球が含まれている場合があります。これは尿を精...

45歳です。この前、射精をした精子の中に血のようなものが混じっておりドキッとしました。ネットで調べたらどうやら血精液症らしいのですが原因を詳しく教えてください。出血している血液量によって精液がピンク色、赤黒い点々が肉眼で確認できます。精液に血液が混じる症状は「血精液症」と呼ばれており、原因となっているものは前立腺炎です。前立腺炎とは前立腺内で炎症が起きている状態で、細菌が前立腺炎に付着している「細...

アソコにシリコンボールを入れると聞いた事がありますが、どんな方法なのか詳しく教えてください。ペニスが細い、短いコンプレックスをカバーしたり、もっと女性を喜ばせたい方がペニスをパワーアップさせる手術方法です。シリコンボール手術はちょうど耳たぶと同じような固さの医療用シリコンをペニスに埋め込み挿入する手術です。このシリコンボールは野球ボールのように完全に球体のものと、少し平べったい形の楕円形の2タイプ...

男性45歳です。朝起きたら、パンツが濡れていてオネショかと思ったら、どうやら夢精のようでした。何かの病気でしょうか?夢精とは睡眠中に射精してしまう事をいいます。性行為やオナニーをしていないのに射精してしまう事を「遺精(いせい)」と呼び、睡眠中に射精現象が起きることを夢精と言います。20代〜40代では無意識の勃起を一晩に3〜6回繰り返しており、一回当たりの勃起持続時間は10分程度とされています。勃起...

中高年の夢精について・・・睡眠中の男性が性的な内容の夢などを見て興奮したため、勃起をして興奮が頂点に達しオルガリズムを伴い射精することを「夢精」といいますが、性的な夢やオルガリズムを伴わない場合もあります。精液の生産の盛んな思春期などの若い人によく見られる現象と俗に言われています。しかし、中高年などでも起きることはあり、基本的に病気ではありません。睡眠中は尿が膀胱に貯まりますので、そのために精嚢腺...

熱帯諸国に多い赤痢アメーバ菌は、主に不衛生な国に感染者が多く死亡者は4万人を超えるとも言われています。この赤痢アメーバ菌とは人間の便の中に潜んでいる細菌であり、アメーバ菌に犯された食べ物を食す事で口から感染してしまう病気です。赤痢菌とは名前は似ていますが別のものです。また食事以外での、赤痢アメーバ菌は性行為で肛門を舐める行為によって口から感染します。発症した時の症状としては、赤痢アメーバ性大腸炎を...

パイプカットとよく聞きますが、一度手術すると元の状態には戻れないのでしょうか?パイプカットとは男性ができる一番確実な避妊方法です。このパイプカット手術を受ける事により、男性の精液には精子がいなくなり、膣内射精をしても女性が妊娠をすることはありません。パイプカットとは具体的には睾丸(精巣)から精嚢への精子の通り道(精管)を手術で切断します。切断をしても、睾丸で男性ホルモンは毎日製造されていますので、...

精力アップにはエビオス錠が良いと聞きましたがどうなのでしょうか?エビオス錠の主成分はビール酵母ですので、精力剤の代用品になるかと言えば直接的な栄養素的には精力剤や亜鉛サプリメントを飲んだ方がより効果は出やすいと思います。ビール酵母とは、アルコールと炭酸ガスに分解をする微生物の事です。古くは紀元前4世紀ころの古代ギリシャですでに医療に用いられていたという記録が残っており、「薬の代用品」として使われて...

最近、性行為中に頭痛を感じるようになってしまいました。ネットで調べたら性交性頭痛があると聞きましたが、何が原因でしょうか?性行為中またはオルガズム時の頭痛を訴える方は「性交性一時頭痛」と呼ばれています。脳腫瘍がない状態での急性の頭痛を引き起こします。この「性交性一時頭痛」は2種類に分類されておりオルガズム以前に発生する「オルガズム前頭痛」とオルガズム時に発生する「オルガズム時頭痛」に分けられていま...

ドライオーガズムって最近良く聞くのですが、なんでしょうか?ドライオーガズムとは、射精を伴わない男性の性的快楽の絶頂の事を言います。ドライとは「射精をしない」という意味合いがあります。男性の射精時の数十倍の快感が得られると言われ、女性が絶頂を味わうのと同じくらいの快感とも体験者は語っています。男性版の潮吹きとも呼ばれ、オーガズムを感じると足はガクガクと震えだし、イクときに思わず叫び声を上げてしまう男...

妻は毎回セックスの時にイッていますが、仲の良い女友達に相談したら「それは演技じゃない?」と言われました。妻が本当にイッているか確かめる方法はありますか?ある調査によりますと20代の女性の約90%がセックスでイッテいないのに、イッた演技をした事があると答えているそうです。最近はスマホで女性が手軽にAVビデオを鑑賞する機会が増えて、セックスの演技をAVを観て学んでいる人もいるとか。女性がイッた演技をす...

皮オナニーは早漏になりやすいと聞きましたが本当でしょうか?仮性包茎の方が亀頭を皮が覆った状態ですることを皮オナニーと言います。亀頭へ直接刺激ではなく皮によって刺激される為にこう呼ばれています。亀頭へ直接刺激ではないので、逆に亀頭にやさしいのでは?と思う方もおりますが、実際の性行為では亀頭が露出する為に普段から刺激になれていないので早漏になりやすいのです。その為、仮性包茎でオナニーをする場合は、亀頭...

不感症の女性がバイアグラを飲むと感じやすくなるのでしょうか?バイアグラの質問の中でもよく聞かれる質問のひとつです。性的興奮が弱い不感症の女性がバイアグラ成分(シルデナフィル)を服用した場合ですが、結果から申し上げますとクリトリス(陰核)の勃起が確認できています。女性のクリトリスは男性の陰茎に類似する部分と言われており、男性と同じように勃起作用は確認ができたのです。実験の方法について簡単に説明します...

精力剤と強壮剤の違いって一体なんでしょうか?精力剤、強壮剤共に目的は性力アップと同じものですが、簡単に申し上げると「精力剤」は短期的に結果を求めるもの、「強壮剤」は効き目が穏やかで長く時間がかかるものです。強壮剤は「滋養強壮剤」と言われ、滋養は冬虫夏草やクコの実、高麗人参、杜仲などの生薬と呼ばれる成分を含んだ栄養素を意味しており、強壮は性力をアップさせる意味合いがあります。精力剤のコンセプトは勃起...

友達からオナニーをしすぎると、将来ハゲると聞きましたが、本当でしょうか?「オナニーするとハゲる」こんな都市伝説的な恐ろしい噂を一度は耳にしたことがあると思います。この質問への回答は、100%嘘とも言い切れないという回答になります。どうにも歯切れの悪い回答ですが、一つの例を出して説明しましょう。タバコは肺がんになる確率が高いのは皆さん知っていますよね。それでも、タバコを毎日40本吸っていても肺がんに...

5歳の子供がよくおちんちんをいじるのですが、どうしたら良いでしょうか?子供がおちんちんをいじる衝動は、比較的内向的な性格の子供に多く見受けられます。同年代の元気が良い子供達の輪になじめず、性格的には消極的なタイプです。その為、どうしても一人で遊ぶ機会や部屋にいる機会が増えて、おちんちんをいじってしまうのです。活発で元気が良くすぐに誰とでも仲良くなれるような子供は、気持ちが自分以外の外側に向いていま...